FC2ブログ
07 << 2019/08 >> 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
広島平和記念式典 (8:15) 

 


 今日、2007年8月6日で広島は62回目の「原爆の日」を迎えました。


この平和式典を見るために、久々の連休中に、早めに目覚ましをかけ眠い目をこすり起きました。


秋葉 広島市長の話しから始まり・・・・聞き入っていました。227


「 膨大な量の核兵器が備蓄配備され、核拡散も加速する等、人類は今もなお滅亡の危機にさらされています。時代に遅れた少数の指導者たちが、いまだに力の支配をこうずる20世紀前半の世界観にしがみつき地球規模の民主主義を否定するだけでなく、被爆の実相や被爆者のメッセージに背を向けているからです。  しかし、21世紀は‘市民の力’で問題を解決できる時代です。 かつての植民地は独立し、民主的な政治が世界に定着しました。  さらに人類は歴史からの教訓をくんで非戦闘員への攻撃や、非人道的兵器の使用を禁ずる国際ルールを築き、国連を国際紛争解決の手段として育ててきました。  そして今や市民と共に歩み、悲しみや痛みを共有してきた都市が立ち上がり人類の英知をもとに市民の声で国際政治を動かそうとしています。」


「 唯一の被爆国である日本政府には、まず謙虚に被爆の実相と被爆者の哲学を学び、それを世界に広める責任があります。 同時に国際法により核兵器廃絶のため誠実に努力する義務を負う日本国政府は・・・ ‘世界に誇るべき平和憲法’をあるがままに順守し、アメリカの時代遅れで誤った政策にははっきりと【ノー】と言うべきです。 」 


192180


 子ども代表:平和への誓い


 原子爆弾で失われなかったものは【生きる希望】。


 「 平和な世界をつくるためには憎しみや悲しみの連鎖を自分のところで断ち切る強さと優しさが必要です。そして、文化や歴史の違いを超えてお互いを認め合い相手の気持ちや考えを知る事が大切です。 」


 

「 途切れそうな命を必死でつないできた祖父母たちがいたからこそ、今の私たちがいます。原子爆弾や戦争の恐ろしい事実や悲しい体験を、一人でも多くの人たちに伝えることは私たちの使命です。 私たちは、あの日苦しんでいた人たちを助けることは出来ませんが未来の人たちを助けることは出来るのです。


私たちは、広島を遠い昔の話にはしません!世界中の人々の心を平和のともし火で繋ぐ事を誓います。 」


スゴイ・・・・!!!!!!!237自分の思いも重なり、いつのまにか涙が出ていました・・・・。


式典に参列した安部首相はどんな気持ちでこれらを聞いていたのだろう?と思う・・・・。久間前防衛相の原爆投下はしょうがない発言への陳謝、原爆症認定基準見直し検討は、参議院選挙惨敗をうけての発言に感じるが・・・・。


 平和であってこそ私たちの人権や福祉は守ることが出来ます。


日本国憲法9条が問われると思う。(陶友通信NO.106にも紹介したけど・・)国民投票法が成立したが、3年後、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で国会がこれを発議しても勝負は国民投票で決まります。


憲法に関心を持ち、学び、一人一人が自分なりのしっかりとしたヴィジョンを持つことが大切だと感じました。


憲法9条にも、さまざまな考え方がある中、【すべての人々に共通する‘平和’について】・・・・・


もっと一人一人の人間が、人間らしく尊重される世の中が平和憲法9条が訴える平和の世の中なんだと思う。


陶友通信の原稿があって〆切近くて忙しいのに熱い思いを初ブログしてしまった・・・・。


僕の誕生日8月9日は長崎・・・・。190


 


色んな角度から自分自身が生きることに向き合って、皆と共に学びあっていきたいと強く思いました。            


                                       (くりげの)


 


 

関連記事

「 途切れそうな命を必死でつないできた祖父母たちがいたからこそ、今の私たちがいます。原子爆弾や戦争の恐ろしい事実や悲しい体験を、一人でも多くの人たちに伝えることは私たちの使命です。 私たちは、あの日苦しんでいた人たちを助けることは出来ませんが未来の人たちを助けることは出来るのです。


私たちは、広島を遠い昔の話にはしません!世界中の人々の心を平和のともし火で繋ぐ事を誓います。 」


スゴイ・・・・!!!!!!!237自分の思いも重なり、いつのまにか涙が出ていました・・・・。


式典に参列した安部首相はどんな気持ちでこれらを聞いていたのだろう?と思う・・・・。久間前防衛相の原爆投下はしょうがない発言への陳謝、原爆症認定基準見直し検討は、参議院選挙惨敗をうけての発言に感じるが・・・・。


 平和であってこそ私たちの人権や福祉は守ることが出来ます。


日本国憲法9条が問われると思う。(陶友通信NO.106にも紹介したけど・・)国民投票法が成立したが、3年後、各議院の総議員の3分の2以上の賛成で国会がこれを発議しても勝負は国民投票で決まります。


憲法に関心を持ち、学び、一人一人が自分なりのしっかりとしたヴィジョンを持つことが大切だと感じました。


憲法9条にも、さまざまな考え方がある中、【すべての人々に共通する‘平和’について】・・・・・


もっと一人一人の人間が、人間らしく尊重される世の中が平和憲法9条が訴える平和の世の中なんだと思う。


陶友通信の原稿があって〆切近くて忙しいのに熱い思いを初ブログしてしまった・・・・。


僕の誕生日8月9日は長崎・・・・。190


 


色んな角度から自分自身が生きることに向き合って、皆と共に学びあっていきたいと強く思いました。            


                                       (くりげの)


 


 

関連記事

テーマ:日記 - ジャンル:日記

くりげの

comment(1) | trackback(0)
<< 陶友で実習を終えて | Blog top | いろり塾開催!! >>
コメント
私も見ました!
さすが栗毛野さん。初ブログも長いですね(笑)

私も、広島の平和式典みましたよ!(実はじっくり見たの初めてでした・・・;)
こどもの平和の誓いの、『私たちは、あの日苦しんでいた人たちを助けることは出来ませんが未来の人たちを助けることは出来るのです。』ってのが一番グッときましたね。
もちろん、市長の平和宣言は重い素晴らしいものだったと思います。

今度は、私たちがそれをどう受け止めて、行動するかですよね!!
【2007/08/07 01:03】| URL | とくい #-[ 編集] |
コメントの投稿
★*がついているところは記入してください。
★パスワードは自分のコメントを削除するときに使います。  (削除するつもりがない方は、入力不要です。)














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toyugenki.blog106.fc2.com/tb.php/8-92f2dcdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | Blog top |