fc2ブログ
01 << 2024/02 >> 03
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29.
そんな時もあるんです。 
土曜日。お店で売っているおからコロッケを作っていました。
仕込みは終わり、あとは衣付けをするだけ。
この作業ももうみんな慣れたもので、「衣付けをしましょうか」と言うと、それぞれが自分の用意をはじめます。(他の人の用意にも口を出しながら・・・

カゴサンがタネを34~36グラムに量って成形し(はじめは、なかなか34~36グラムにならず、イライラしていましたが、最近は調整も1度でOK!「カン(勘)が出来た」そうです。)、
ドナタサンが小麦粉を付け(小麦粉の山の上にコロッケを乗せてもらいまわりにまんべんなくつける。正確丁寧!)、
ユコチャンが卵をつけ(ボウルに卵を溶き入れてもらったコロッケを、スプーンを使ってうまく転がして卵つけ。)、
カッチャンがパン粉をつける(ユコチャンのところからコロッケの卵が机にこぼれないように、ボウルを近づけて待っていてあげる。)、

で、完成!!

この日、私は出来上がったコロッケを6個ずつまとめて冷凍庫へ、という、居ても居なくてもいいような作業を担当していました。
コロッケの衣付けをはじめて、ふと気付くと


シ~~ン・・・・



みんな、黙々と自分の作業をし、黙って次の人にコロッケを渡します。



陶友の中でも、にぎやかすぎるほどにぎやかなことで有名な食品班ですが・・・
静かになる瞬間もあるんです。



でも、珍しいもんだから、私、黙ってどのくらいみんながだまっていられるのかを測ってみました。


シ~ン・・・・


「お客さんがコロッケは陶友で作ったのがオイシイって言ってくれるもんね。」やっぱり沈黙を破ったのはカゴサン。
「そうやね~」みんなは答えながらも再び、シ~ン。


再びの沈黙


「今日ね、お兄ちゃんが帰って来るとって。」次に沈黙を破ったのはユコチャン。
「へぇ~、そうなんや~」

再び沈黙


まぁ、これを繰り返して連続での沈黙時間は1分間でしたが(これでも、食品班にはスゴイこと!!)、衣付け作業をしている25分間のうちの半分は静かだったと思います。

目的(今、みんなで向かうべき明確な作業)があるってスゴイですね。
‘あの’食品班を短時間でも黙らせてしまうんですから(笑)

                     (とくい)
関連記事
とくい

comment(0) | trackback(0)
<< 天神に街頭署名に行ってきました | Blog top | 追っかけがついた  ・・・!? >>
コメント
コメントの投稿
★*がついているところは記入してください。
★パスワードは自分のコメントを削除するときに使います。  (削除するつもりがない方は、入力不要です。)














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toyugenki.blog106.fc2.com/tb.php/65-bfc088c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | Blog top |