FC2ブログ
11 << 2018/12 >> 01
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

『基礎から学ぶ社会保障』から学ぶという学習会の資料に気づかされた事(まずは入口) 

今年初の法人研修の資料をもらい読んだのですが、
一番初めの項目が
大胆予想・今年が仲間やお年寄りにとってどういう一年になるか!

・ 明るい予想
・ 暗い予想

・・・明るい予想が一つも思いつかない・・・・。

仲間がではなく職員が・・・ならば、
今年は署名の協力者が増えて
見方を増やせるはず!と今陶友での取り組みを見ながら思えるのですが・・・
明るい予想が思いつかないというのは何ともやる気をそぐ項目でした。
でも、だからこそやる気を出すのですが!!!
と話は横道にそれましたが、

4月から・・・消費税8%
いよいよ貧困という問題を抱えている仲間の生活はとんでもないことになる。
それどころか、収入もない(一部を除く)お年寄りにも等しく消費税をかける。
一見等しいっていうのが落とし穴。
年収1000万円の100円に対して8円の税金と
年収100万円満たない人の8円では負担の度合いが違う。

私たちの作っている商品の材料代もあがり、
少ない純利益が更にへるわけで
明るくなりようもないと改めておもう冒頭の文章。

消費税が3%になった時も、5%になった時も
名目は福祉の充実だったのですが
現状はご存じのとおり、

ほかにも、明日の朝、枕元に100万円あったらどうするか?
という項目もありました。
選択肢は
1欲しかった物を買うなど直ぐ使う。
2貯金する
3「風ひかり」と「よりあいの森」に寄付する
4警察に届ける
5その他

一般的には2でしょうね。
はい。世の中お金が今以上に回らなくなるわけで
不景気の波はどんどん大きくなっているように思います。

人は、残念ながらある程度満たされていないと
なかなか他人を思いやることができないと思います。

増税による不景気はお年寄りや障害者にどのような生活をさせようとしているのか
本当に消費税が復興支援や、福祉に使われるのであればこのような不安を感じずに済むのですが。

とにかく、日本国民として国の経済や政治の流れに目を光らせることから始めようとおもいました。



関連記事
かく

comment(0) | trackback(0)
<< ボランティアさんのたった一言が勇気に | Blog top | どんな販売員がいいと思う?を通して >>
コメント
コメントの投稿
★*がついているところは記入してください。
★パスワードは自分のコメントを削除するときに使います。  (削除するつもりがない方は、入力不要です。)














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toyugenki.blog106.fc2.com/tb.php/493-98f31299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | Blog top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。