FC2ブログ
11 << 2018/12 >> 01
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2013年度総括研修の感想 
大変遅くなりましたが・・・
6月29~30日は
総括研修でした。

総括研修とは年に一度
法人内のほぼすべての人が宿泊で参加する研修で
学びと交流が行われるというものです。

陶友の所属する福岡ひかり福祉会は職員数が多く
同じ法人内でもなかなかほかの作業所の職員と関われないので
親睦を深められるいい機会ともなっています。

さて、今回私は発達障害について学んだのですが、
他の作業所の事例を学ぶと、
つい固まってしまう支援においての考え方がほぐされ、
自分を顧みることができました
今回はその感想のレポートです

事例は、障害が重く意識的にも無意識にも他人を傷つけてしまう可能性がある仲間を
どう集団と関わらせればよいかという取組に対する発表と、
エレベーターや、給食の食材の切り方にこだわる仲間の『こだわり』に向きあることで
仲間を理解しようとした取組につての事例発表で学んだことについてです。

総括研修 分科会『発達障害』
2013.06.29 

発達障害の分科会の2日間で事例発表を通し、気になるキーワードは下記のものだった。

① 仲間は迷う職員を映すように色々な事をおこした
② 障害特性によって本人がどうしようもない苦しみがある
③ 感情をぶつけながら確認→標準語で冷静に話しかけると何かが違うという変化が
④ 待てない仲間に『待って』がトラブルの原因
⑤ 集団の考え方を仲間に合わせてもらっているのではないか
⑥ こだわりにこだわらない
⑦ 感情だけが伝わる
⑧ こだわりにとらわれていない本当の素の部分をみつけよう
⑨ 個別の中のその先にある集団
⑩ こだわりは求めて(好きで)やっているのか?とりのぞいたらどうなるのか

事例発表は、対象が陶友の仲間よりも障害が重い仲間についてであったが、障害度を問わず共通点があり、私が普段接している仲間は軽度だからこその困難を抱えている事に改めて気付けた内容だった。
具体的には①~⑩どれも、実践において心当たりのある内容ばかりであった。特に③・⑦において、過去に陶友で64歳になるKさんのイライラがどうにもコントロールできていない状況で、Kさんが周囲をどなっていたので、Kさんと同じ声の大きさでKさんに対し怒鳴った事があったのを思い出した。私の意図はKさんに、大人としておかしい、言われる側はいやな気持ち、怒鳴っても何も伝わらないなど、わずかでもよいので感じてほしく、あえて演じたのだが、結果ほぼ伝わっておらず、そもそもそれが経験として顕著につみかさなるのであれば、作業所にいないという事に気付いたことを思い出した。そこから今回の学びによって、②の障害特性と本人の苦しみについて学び、思考の整理ができた。
また、集団の考え方(支援者側の)を仲間に合わせてもらっているのではないかという事に当たり前だがなかなか気付けないがゆえに実践にいかせていない内容についての発表が自分の支援を省みるよいきっかけとなった。今後は、障害特性を念頭におきながら何に困難を抱えているのかを見極めた支援が必要だと学ぶ事が出来た。今後の私の具体的な課題は、こうあるべきの『こう』は何から来ているのか、それにはどのような障害特性があるのか本当に本人に乗り越えられる事なのか、どの様にその困難を取り除けるのかを考えて支援を行っていかなければならないと学んだ。


関連記事
かく

comment(0) | trackback(0)
<< 記念すべき100投稿目!! ~私の振り返り~ | Blog top | 血と、汗と、涙の・・・・ >>
コメント
コメントの投稿
★*がついているところは記入してください。
★パスワードは自分のコメントを削除するときに使います。  (削除するつもりがない方は、入力不要です。)














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toyugenki.blog106.fc2.com/tb.php/483-ad3142dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | Blog top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。