fc2ブログ
04 << 2024/05 >> 06
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
Mさんの生活を支える仲間として 
陶友通信No.133号でMさんの介護保険問題についての記事を書きました。

問題は65歳の誕生日を迎えるにあたって、自立支援法で受けていた福祉サービスを介護保険法で受けられる福祉サービスに移行しなければいけないこと。
ここには色々な問題がありますが、
Mさんの場合に特に問題になったのはヘルパー事業所の変更でした。

障がい故のこだわりや本人が大切にしていることを理解したうえで支援してくれるのか。
ひかりヘルパーはそこを大切に関わってくれたので、とてもうまく関係を築けていました。
その事業所を変更して一から関係を築いていかなければいけません。
担当職員としてそれが一番の不安要素でした。

こちらの対応がまずく、手続きを進めるうえでスムーズにいかないこともありましたが、
いよいよ新しいヘルパー事業所を利用する日がやってきました!

Mさんもヘルパーさんも緊張していたと思います。
がしかし、一番緊張していたのはきっと自分だったと思います。汗

Mさん、ヘルパーさんのこと拒絶しないかな・・・。
ヘルパーさんはMさんのこだわりを理解してくれるかな・・・。
料理の味付けは大丈夫かな・・・。(Mさんはグルメで味付けにうるさいため。笑)

などなど一人でいらぬ心配をたくさんしてました。
ですが、意外や意外そんな自分の想いに反して何の問題も出て来ません。
あれ?良いことのはずなんだけど・・・期待外れの拍子抜け。笑
その後も特に何の問題も不満もでてきていません。
ひかりのヘルパーが一年かけて築いてきた土台があり、新しいヘルパー事業所との間でしっかり引き継ぎを行えたことでMさんにとって受け入れ易い状況が出来たのではないかと思います。

まだ新たな事業所がヘルプに入るようになり僅かです。
これから何かしら問題も出てくることでしょう。
そのときは私が両者の間に入り、お互いの理解や関係を深めていけるよう潤滑油のような働きをしたいと思います。

やはり障害を持つ人の生活、特に一人暮らしは困難がたくさんあります。
Mさんの場合はそこに老いの影響も加わってきています。
これから作業所とヘルパー事業所が一丸となってMさんの生活を支えていきたいと思います。


・・・ちなみに、先日新しいヘルパー事業所と陶友の職員で懇親会を開きました。
皆さんとても明るく情熱的でユニークな方たちでした!笑
これから連携を深めて、Mさんを支える「仲間」として協力していきたいです。
関連記事
じきょう

comment(0) | trackback(0)
<< 『手しごと市』@フォレオ博多 開催中!! | Blog top | 良いことなんだけど、片や とんだトバッチリ・・・ >>
コメント
コメントの投稿
★*がついているところは記入してください。
★パスワードは自分のコメントを削除するときに使います。  (削除するつもりがない方は、入力不要です。)














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toyugenki.blog106.fc2.com/tb.php/424-5fa40639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | Blog top |