fc2ブログ
04 << 2024/05 >> 06
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
きょうされんの学習交流会(職員)にいってきました! 
今回は、学習交流会の 報告レポートです

きょうされん 福岡支部 職員学習交流会 分科会3『労働』(2012.08.25~26)
                            
全体の流れ
・まずは、グループ分け、家族(おばあちゃんいない人は誰でもよい)の名前を思い浮かべ、あいうえお順に並ぶ。その後前から6人ずつ区切りグルーピング。
・グループごとに名前を決める
・他己紹介→グループ討議へ1日目:労働とは・自分にとって労働とは2日目:事例発表 とそれについて
・まとめ

グループ討議
『労働とは』 
方法・・・大きな模造紙に個人の意見を書いた付箋を貼りながら思考の整理→結果発表
※付箋に制限はなく自由に意見を書き取捨選択
付箋に書かれた意見
達成感:5票    やりがい、乗り越える快感、結果に伴う達成感
生活する手段:5票 金銭を得る手段 
自己:6票     目的を達成するためのスキルアップ
人とのかかわり:8票 一人ではできない事
その他:3票    生活のリズムを整える事等

事例発表
『精神障害者Mさんの労働意欲』
Sさん50歳就職したいができない→作業所が居心地がよくて就職の意欲が減る→職員の結婚を機に自分も家族を持ちたいという気持ちから度労働意欲が増すもいざ良い話が来ると不安になり就職にいたらない。支援員は今までは個人のニーズに合わない支援をおこなっていたのではないかと思っている。
討議結果:個人のニーズに合わないのではなく、掘り起こす段階だった。結果を急ぎすぎではないか、その過程は必要だったと思われる。沢山の楽しい経験を積みそれを重ねるためにはお金が必要という切り口から労働意欲を高める・やりたいと思うタイミングを逃さず実行できる環境づくりの支援。

『Sさんの労働について』
Sさんはてんかんもち、障害者年金から親に小遣いをもらっていて、お金に不自由していない。出勤が難しく、原因は不明、強いて言うならばバイオリズム法則性がないがたびたびおこる為そう考える。現在、給食だけ食べにくる状況、本人は、給食だけだと給料が出ない事を知っている。出勤が不安定なため、通常の工程からはずれ、来た時にできる仕事を行っているが、それがしてもしなくてもいい仕事になっているのではないかと職員として疑問に思っている。また、絵が趣味でそれを仕事の一部に取り込んでいる例:お礼状にイラスト等。
討議結果
Sさんの仕事を豊かにするもの
・人との繋がりによって気持ちを高める
・自分に役割があるという事を知る
・日常を楽しくする為に労働がある事を理解する。
・Sさんは、人とのかかわりを求めていて、自分の存在を確認している。
趣味を仕事にしている事に関して
・趣味は義務がない、楽しいと分かっている事、仕事は人生の中心となる事いったん仕事と切り離して考えてみては?
各班グループ討議を通してでた意見について
・全体の共通の意見が多かった
・仕事ってなんだろうか→役割を果たす事

1日目・2日目まとめを通して
・労働は生きる事、生きていること自体が労働である。
・精神保健衛生士談
人間は生きていること自体にストレスがある。便利な世の中になっても生きるために労働。ストレスを軽減するには誇りや、やりがいが重要である。
・何故鬱が多いのか?コミュニティーが壊れ、孤立何の為に自分のしている事分かりにくい。
・福祉の仕事とは?仲間を通して気付いたことを気付かせる社会的に価値ある仕事。
・労働とは、生きる事そのものである。→生きる為に仕事をするためにコミュニティーを形成する
・仕事は他者からもとめられつつ評価される。だからこそストレスがある。
決して楽ではない、一方で達成感、喜び、誇りに繋がる

以上の事から、
この循環がうまくいっているかいないのか確認するのが職員の仕事ではないか、循環がうまくいっていない人には、その人の世界をみつける、それを考え、感じて仕事を作る。そして、共に生きる難しさ、個性の集まり、コミュニティーづくりの難しさに向き合う。しかしだからこそアイディアが出てくるという事忘れずに、職員としてそれについて真摯に向き合い考え、仲間から得たものを社会に還元し、仲間の生きる社会的価値を認識してもらえるようにしていくということを学んだ


関連記事
未分類

comment(0) | trackback(0)
<< クラブ前のの話し合い | Blog top | ウィーンがいやが2回。 >>
コメント
コメントの投稿
★*がついているところは記入してください。
★パスワードは自分のコメントを削除するときに使います。  (削除するつもりがない方は、入力不要です。)














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toyugenki.blog106.fc2.com/tb.php/414-f0fb619e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | Blog top |