FC2ブログ
04 << 2020/05 >> 06
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
誰かを頼れる力 

「たなかさーん。ふみさん、身体の調子が悪いみたいよ。」

突然ホンチャンが言いました。



(たなか)『ほんとですか?』

(ホンチャン)「うん、今言いよったよ。」


さっきまで何食わぬ顔で作業していたのに・・・
担当職員なのに気付けなかった・・・という思いを胸にトイレから出てきた、ふみさんを呼び止めます。





(たなか)『ふみさんちょっといい?具合が悪いんですか?』
(ふみさん)「・・・うん、ちょっとね。でも大丈夫。」
ニコッと困ったように笑います。



(たなか)『具合が悪かったら、ちゃんと言ってくださいね。』

(ふみさん)「・・・うん。具合が悪いって言ったら帰らないといけないと思って。そんなこと言っちゃいけんとかな・・・と思って」



これは、ふみさんのいつものセリフです。
いつも、どこでも、具合が悪くても我慢してやり過ごし、具合が悪いことは言わないのです。
「迷惑がかかるから」といいます。


そのたび「職員や家族には、具合が悪かったりしたらちゃんと言ってください。誰も迷惑なんて思わないし、言ってくれたほうがいいんですよ。我慢してもっと悪くなったら大変だから。」と話します。
ふみさんはそのたびにニコッと困ったように笑います。

でも、毎回ふみさんは我慢するのです。






陶友で一番大事なこと。





仕事も大事、社会人として生きることも大事。




でも1番大事なことは、「誰かに“助けて”といえること」




人は1人では生きていけません。
互いに支えあって生きていきます。

仲間たちにとっても、それは同じです。
1人でできないことも、誰かと一緒だったらできるようになるかもしれない。
おなかが痛いときはさすってくれたり、見守ってくれる人がいると心強いと思います。


ふみさんは今まで、障害があるがゆえに我慢したことや、言いたいことを言えなかったかもしれません。
苦しくてもグッと堪えたこともあるかもしれません。



でも、つらいときに「助けて。」と誰かに言えたら、少し楽になって、より生きやすくなるかもしれません。
言いたいことや、思いを伝えることは、生きる上で大きな力になると思うのです。



皆がそうやって生きられれば、世の中もっと支えあって生きていけるのにな・・・とも思います。



「たなかさん、おなかが痛いの。少し休んでもいいかしら?」
といつか(「帰らされる」とか思わずに)言えるようになったらうれしいな・・・と思う私です。
(「“陶友”が具合が悪くてもいたい場所」という見方であれば、そこまでいうくらい大事な場所ができたのだな・・・とそれはそれで嬉しいのですが笑)

関連記事
たなか

comment(0) | trackback(0)
<< 被災地支援では見えなかった現実 | Blog top | “普段”が変わる!?職場体験 >>
コメント
コメントの投稿
★*がついているところは記入してください。
★パスワードは自分のコメントを削除するときに使います。  (削除するつもりがない方は、入力不要です。)














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toyugenki.blog106.fc2.com/tb.php/342-54fd7abe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | Blog top |