fc2ブログ
03 << 2024/04 >> 05
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
被災患者を知った日。 
先週、月一の定期検診にかかりつけの内科に行ったときの事です。


ながーい診察までの待ち時間、何か読み物でも・・・と思い周りを見渡してみると、近くに糖尿病に関する情報誌が。
(日本糖尿病協会が月1回発行している、
糖尿病生活を楽しく送るためのノウハウが載っている雑誌です)

表紙の記事見出しを注目すると、

「災害時の糖尿病医療~東日本大震災をうけて」

職業がら被災した障害者に関しての情報を得たり知ろうとする機会は多くとも、被災した糖尿病患者に関して、正直、意識していませんでした・・
そんな自分、見出しを見て「読まなければ!」という衝動に駆られ、
手に取って読んでみました。

内容としては、(大まかですが・・・)

・患者が重症化しないために、対応できる医療機関や治療薬の確保を国レベルで取り組むよう、震災直後から関係団体が国に強く働きかけていたこと
(災害時の国との連携について)
・それでも震災直後すぐには、それらを万全に行き渡らせることが難しかったこと
(今回の震災対策の課題等)
・今回、特にI型糖尿病患者の災害直後による治療不可能な状態を避けるため、糖尿病協会・糖尿病学会等で全力を挙げて取り組んだこと
(注射薬の確保等、評価点)

これらの内容についてのシンポジウムの様子が、
4ページにわたって掲載されていました。
糖尿病協会や学会、製薬会社関係者など5名ほどのシンポジストの方々のうち、お二方が
震災後、まず被災地のI型糖尿病患者のことが気にかかった
と、真っ先に話されていました。

その理由なのですが・・・

I型糖尿病・・・自己免疫が膵臓のインスリンを出す細胞を破壊し、
インスリンが全く出なくなる(原因は不明で、発症に生活習慣の良し悪しは関係しない)
II型糖尿病・・・生活習慣によって膵臓を酷使したり疲弊させたため、
インスリンの分泌量が減る。しかし多かれ少なかれインスリンは出ている
その他の型の糖尿病も、発病に至る何らかの原因があり、膵臓からの
インスリン分泌が少なかったり極端に減ることで糖尿病の診断が出る

という分類のなか、
投薬しないと確実に死のリスクが高くなるのはI型だからなのです。
1日中全く注射をしなければ、早くとも2~3日、遅くとも1週間以内には過度の血糖値上昇で死亡してしまいます。

しかし実際には、糖尿病協会・学会等の方々による迅速な働きかけのおかげで、患者の皆さんへの影響はほとんど無かったようです。
(本当に何よりです・・・)


そのあとの管理栄養士の方との栄養指導の時にも、この話題に触れました。

「やはり注射薬のストックは必要で、何か起きた時にすぐ持ち出せる場所に置いてたほうがいい」
(ただ、この薬価格が高いので、ストックできるほど貰えてないのが
現状ですが・・・;_;)
「今回の震災支援で届いた食糧の中には即席のカップ麺も多かったようで、これでは塩分の摂りすぎになるし栄養も偏る。常備できるレトルトや缶詰ものもあったほうがいいわね」

日常的に血糖値が高く尿糖が出やすい糖尿病の人は、それだけ血中の老廃物を濾しだす腎臓にも負担をかけているため、腎臓にも障害が起きやすい。
そんな状態で今回の震災、糖尿病の人たちにとって、やはりカップラーメンばかりの生活を強いられるのはかなり辛いんじゃないかな・・・と感じます。
でも一方で、いざ目の当たりにすれば
「生き残れただけ幸せなんだから、無理は言えない・・・」
と思ってしまいそうな自分。。。


いつもは何気なく受診で待ち合うひと時も、
今回は違い、いろいろと考えさせられました。
自分自身にも深く関係する今回被災した患者さんの事も、
あまりに知らなすぎたし、
それ以前にあまりにも無関心だった自分を恥じてしまいました。
こんな大きな災害に、自分も遭うかもしれないし遭わないかもしれない。
でもどうであれ、知って、身近に考え備えることが、
自分も周りの人たちも救うことに繋がるはずです。

(そして、そんな行動が仲間たちの支援にも繋がっていくはず!)

もっと身近にアンテナを伸ばし、
もっと知ることに貪欲にならなければ!!
と感じる今日この頃です。^-^;



関連記事

テーマ:考えさせられた事 - ジャンル:福祉・ボランティア

いしばし

comment(0) | trackback(0)
<< “普段”が変わる!?職場体験 | Blog top | きょうされん学習会レポート >>
コメント
コメントの投稿
★*がついているところは記入してください。
★パスワードは自分のコメントを削除するときに使います。  (削除するつもりがない方は、入力不要です。)














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toyugenki.blog106.fc2.com/tb.php/340-98b3b3db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | Blog top |