fc2ブログ
04 << 2024/05 >> 06
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
法人研修 ~仲間と生活保護~ 
7月2日 法人研修
「生活保護について」第1ひかりの事務員さんを講師に、生活保護のシステムや現状についての勉強会が行われました。
ひかりグループでも生活保護を受給して1人暮らし(もしくはグループホーム暮らし)をしている仲間も数人いますが、生活保護のことを私はきちんと理解できておらず、

“「人間として最低限の生活を保障する」と言いながら、実状は最低限度の生活を保障するには程遠い支給額・援助であったり、受給しようと申請に行っても窓口でしっかりと話を聞いてもらえないまま帰らされたり(受給者をできるだけ出さないようにしているらしい)・・・”

というぐらいの知識しかありませんでした。

勉強会で、生活保護の支給額計算の方法や仕組みを教わる中で
・生活保護はあくまでも自立のための援助(ゆくゆくは生活保護を卒業し、自分で働いていけるようにするまでの援助)
・不正受給者が増えてしまったがために、申請段階で厳しく審査せねばならなかったり・・・
と、上に書いたような役所側の“ひどい”対応の理由もわかりました。


しかし・・・役所側の言い分はわかっても、どうしても納得できないこともたくさん・・・

・貯蓄は使い切らなければならない・・・とか
・窓口でしっかり話を聞いてくれないことはもちろん、どこかの役所では職員が「今年は受給者を2人しか出しません」と目標を立て、いかに受給者を少人数で抑えられたかで、昇進が決まる・・・とか。
・病気とかで働けない人にはかなり酷な話・・・とか

まったく!人の生活をなんだと思っているのだ!と言いたくなります。





と、今ブログの記事を書いていますが、本当は「勉強会の報告、難しかったからなんて書こう・・・」と悩んで今までなかなか書けなかったのです(「もう2週間経つぞ!!」と鬼瓦所長に怒られてしまいそう・・・)

ではなぜ、今になって黙々とパソコンに向かっているのでしょうか。

それは、今日のお昼にこんなことがあったのです。






7月13日(水) ~販売会にて~



本日の販売会はたなかと、フミさん・タッチンの3人で参加しました。

販売会中、ふとフミさんが口を開きました。




(フミ)「生活保護もらったら、年金はもらえんと?」





私は先日の勉強会の受け売りで「年金はもらえるけれど、生活保護の金額から年金額が引かれた分が支給されるんですよ。」と教えました。





(フミ)「そんなら少なくなるねー。生活できんとやない。」





すると、それまで黙っていたタッチンが





(タッチン)「お金(貯金)があったらダメっちゃん。・・・年金もねー、お金ためとったら減らされるとよ」



タッチンは昔、ご両親が将来のタッチンのために貯めてくれた貯金を指摘され、年金額を減らされそうになったことがあるのです。





(タッチン)「みんな元々お金ないけど、そこから貯めとうんよ。ツンクンとこもトノのとこもよ。みんなないところから貯めるっちゃん。なのにダメって言われる・・・お父さんとかお母さんがおらんくなったら困るっちゃん。」



不安・・・?と聞くと、






「・・・ん・・・不安。でもね、不安もわからん仲間もおるとよ・・・」









私はこの会話で、仲間たちの年金、国からの援助、生活保護の現状の縮図を感じました。


・生活保護は自立するための一時的な援助。でも、頑張って働こうと思っても健常者と同じようには働けない彼らは、どうすればいいのですか。

・自分の将来のために貯金をたくさん蓄えていくこともできない。その日暮らしの生活保護でいいのでしょうか。

・何とかやりくりして、我が子のために貯金をしている家庭もたくさんあるんです。それなのに「貯金できるくらい余裕がある。」という解釈で年金額を減らしたり、「生活保護受けるなら貯金を使い切りなさい」と言ったり・・・


怒りが沸々と湧いてきますが、それをきちんと理論立てて話すにはまだまだ未熟です。それがなんとも歯がゆいですが・・・


生活保護にしても、自立支援法にしても、年金(高齢者の年金を含め)にしても、社会の迷惑にならないことが大前提!!支援を必要としている“その人”を見ない社会の在り方に憤りを感じ、勢いでパソコンに向き合っています。

「もう少し冷静に物事の本質をつかまな・・・」と所長の言葉が聞こえてきそうですが・・・(笑)

もっと勉強しなくちゃ戦えないな!!と感じた勉強会の2週間後の私の気持ちです。

関連記事

テーマ:障害者の自立 - ジャンル:福祉・ボランティア

たなか

comment(2) | trackback(0)
<< 被災地ボランティアに行って ~第一弾~ | Blog top | 陶友通信No.128(11年6月号)。  >>
コメント
現実に引き寄せて学ぶ
 学ぶ姿勢が大事ですね。
仲間たちの現実に引き寄せて学ぶ姿勢がいいと思います。

「もっと勉強しなくちゃ戦えないな!!」
・・・それが分かれば上等でしょう。
あとは学ぶのみ。
【2011/07/14 22:04】| URL | 名無し #-[ 編集] |

こんばんはです!
初めてのコメントを
させてもらいますw
元実習生の「ミヤザキスズこ」
でございます{笑}
たまに閲覧しとったんですが
なかなかコメント出来ず^^;

何だかなかまの会話を
閲覧してゆくうちに
リアルな記事となっとりますな~!
あたしも見習わないとな~^^;!
【2011/07/22 19:45】| URL | スズこみやざき #M0VJbENs[ 編集] |
コメントの投稿
★*がついているところは記入してください。
★パスワードは自分のコメントを削除するときに使います。  (削除するつもりがない方は、入力不要です。)














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://toyugenki.blog106.fc2.com/tb.php/318-50165a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 | Blog top |