11 << 2013/12 >> 01
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

30代男性の障害者心の叫び 
今日は、仲間(利用者)の署名活動の勉強会でした。
その中である仲間の発言です。

署名の内容についてはまた
近々書きますが、

これが障害者の真実
これが障害者の心の叫びと
胸打つ内容でした。
少し長くなりますが
ぜひ読んでください。


一生懸命働いとうとって、
でも少ないとよ。
さぼっているわけやない
いっぱいもらうんじゃなくて
普通にご飯が食べれるぐらい
500円ぐらい
米食べるんじゃなくて
水飲むだけで耐える人が出てくるかもしれん
頭に栄養いかなくなったら
皆イライラする
おこるんよ絶対どこかで
どの人が食べるとかじゃなくて
どの人も食べれんくなる
一人で食べてもおいしくないし

この人は頭がいいけん食べれる
この人はばかやけん食べれん
それはおかしいとよ

だけん(怖いから)お金を貯めとうとよ

俺は
結婚式で姉ちゃんの旦那さんが
俺の面倒見る約束で結婚したって言ってくれたんよ
だけん俺は大丈夫かもしれん

でも旦那さんの給料も少なくて○○円しかないけん
そしたら姉ちゃんも食べさせないかんけん
○○ちゃん、○○君(姪・甥)も食べさせないかんけん
そして俺のの面倒を見るとかできるとかいな。
姉の旦那さんを信じないけん。
何もしなくていきていけるって
わからんけど

あああ・・・わからんね。難しい。

わからんねと言ってはいますが
大切な事はわかっています。

いっぱいもらうんじゃなくて

優遇してくれと言っているわけではない。
ただ普通に暮らしたいという願い

頭に栄養いかなくなったらみんなイライラする

貧困であれば人にやさしくしにくい

どの人が食べるとかじゃなくて
どの人も食べれんくなる

誰かが不幸なら実はみんなが不幸なのだ。

この人は頭がいいけん食べれる
この人はばかやけん食べれん
それはおかしいとよ

なぜそんな簡単なことがみんなわからないのか。

30代後半の成人男性が
一生懸命働いても経済的に自立できず
障害者を家族にもった
姉は弟の面倒を見る事を条件に結婚しようとする。

たまたま障害をもっているから
なぜこんなことになるのでしょうか?
私たちはこのことを広く訴えていきたいと考えています。

こんな簡単なことをみんながわかる社会になるためにこれからも訴え続けていきます。
まずは署名活動です。
みなさんご協力お願いいたします。
署名用紙は陶友にて配布、通信に同封
またはきょうされんのホームページにてダウンロードできます。

スポンサーサイト
スポンサーサイト
かく

comment(0) | trackback(0)
障害者制度は「他人事」では危ない! 
12/14、15の陶友祭も無事、終わりました。
今年は、寒くなりすぎず、雨も降らず、天候にも恵まれたと思います。
ご来場いただいた皆さん、準備等ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。
(詳しいご報告はまたの機会に!)

さて今回は、先日の職員会議で学習した内容のご紹介です。
我が陶友も所属する「きょうされん」(旧称:共同作業所全国連絡会)が、今月初めに閉会した国会を終えてコメント(コメンTOMO №110)を出しました。

その中で、ドイツの反ナチス運動家として知られた牧師のマルティン・ニーメラー(1892-1984)のこの詩『彼らが最初共産主義者を攻撃したとき』を引用し、今の世情を憂いた文章がありました。

「もし、運動の歩みをここで止めてしまえば、後々に先の詩になぞらえて、こう表現されるかもしれない。
 『生活保護制度が改悪されたとき、私は声をあげなかった
 私は生活保護受給者でなかったから

 介護保険制度が改悪されたとき、私は声をあげなかった
 私は65歳以下だったから

 自動車運転致死傷罪が見直されたとき、私は声をあげなかった
 私は統合失調症やてんかん患者でなかったから

 障害基礎年金が引き下げられたとき、私は声をあげなかった
 私は障害者でなかったから

 消費税が引き上げられ、生活が苦しくて公的支援を求めたが
 すでに私が無料で活用できる福祉制度は、もう何ひとつも残っていなかった』」


「障害者権利条約の批准」という1つの成果はありながらも、日本の福祉政策(だけではありませんが)は危ない方向に進んでいるようです。

「○○は自分には関係ないから・・・」と思わずに関心を持ってください。
ぜひ、「コメンTOMO」の全文も読んでみてください。(http://www.kyosaren.com/topicsAndNews/2013/12/tomono110--185-.html)

                             (とくい)

-- 続きを読む --
とくい

comment(0) | trackback(0)
陶友祭 紙すき班 『一日100セットうりあげるぞ~』 
みなさんこんにちは!
ついに
今週末14(土)15(日)11:00~
陶友祭がおこなわれます

そこで今日は陶友祭に向けて建物内のディスプレーを行いました。
すると
今年の紙すき班は
『全部見せます!全部売ります!』をテーマにディスプレーをしたため
紙すき班のタッチャンが
「おーすごいねえ!こんなん初めてやん
俺、ここに張り付いて全部うるけん!」
と言いました。
とっても食いしん坊のタッチャンに対し
「え~外の食べ物も買いにいかないで?おいしいよ~?」
と意地悪を言うと、
「いいとって!だってこれ全部売りたいやん!
すごくない?これ今までで一番すごいけん!
うるよ!うれたらいいなー!」
と興奮気味。
そんなタッチャンは初めて見ました。

実は、今回は1日100枚の売り上げを目標に
お客さんのニーズにこたえようと
切り絵入り、イラスト入り、無地、年賀状と300セット程作りました。
ハガキにすきあげたのはすべてタッチャンです。
でもその材料はミホちゃん、
切り絵はアイチャン、どなたさん、リュウクン、ユキチャンで作り
イラストはどなたさん
はがきの仕上げもどなたさん、
パッケージはアイチャン
とみんなで力を合わせた結果です。
その充実感がタッチャンのやる気満々にしていました。

勿論、紙すき班だけでなく、陶芸班も食品班も張り切っています。
なんとか天気ももちそうです!
そんな仲間が楽しみにしているお祭り陶友祭にぜひお越しください。

当日は、豚汁、手羽先、ガトーショコラ、焼き鳥、だご汁、栗ぜんざい、ラーメン他
おいしいものと素敵な作品と素敵な人の温かさがお待ちしております。
未分類

comment(0) | trackback(0)
 | Blog top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。