fc2ブログ
03 << 2012/04 >> 05
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
きょうされん九州大会を通じて・・・ 

今更ながら、きょうされん九州大会について書きます。本当はもっと早くアップしなければいけないのですが・・・。 今大会は基調講演等の一部と分科会の二部で行われました。どちらも感想を書きたいと思いますので簡潔に書かせて頂きます。

○一部・特別報告
 きょうされん常任理事による特別報告では、自立支援法が施行され様々な問題点が浮き彫りになってから現在に至るまでの経緯と現状、これから「基本合意で約束した自立支援法の本質的廃止とそれに代わる新法制定を!」ということを話されました。この報告はこれからの運動に繋げていくために参加者で想いを共有し団結することが大きなテーマだったように感じました。なぜなら今大会は直後に総合福祉法の骨格提言が国会に提出されるという重要な時期に行われたからです。この場に集った九州各県の仲間たちの熱気を肌で感じ、自分もその一員として運動していくんだという思いを強くするものでした。
 

○二部・分科会
 分科会では「高い工賃を実現するためには」に参加してきました。これは長い間ある大きな課題だと思います。高い利益や生産性を求めた社会に適応することが困難な、障害を持った仲間たちがいます。その結果、働きたいという想いとは裏腹に、社会に就労の場がなく作業所にいる多くの障害を持った仲間たち。だからと言って現状の工賃で満足などとは言えません(作業所の工賃は平均1万円程度)。
工賃は上げたいが、かと言って生産性や利益ばかりに目を向けると仲間たちが社会から弾き出された事実となんら変わらない、この矛盾を打破するヒントを見つけたいと思いこの分科会に参加しました。

 参加してレポーターになられている作業所のお話を聞くと共通していることがありました。それは、新しい取り組みや仕事づくりをする際はしっかりとした下調べが必要ということです。どれくらいのコストがかかるのか、いくらで販売しどれくらい売り上げれば利益がでるのかなど、細かい見通しを立てある程度の筋道を立てて取り組むということです。こういったことはあまり福祉の現場に浸透していないようですが、重要なプロセスだということでした。それから、挑戦してみたいことが見つかった時にマイナスの面ばかりに囚われるのではなく、とにかくやってみるということです。困難な面ばかり考えてもしょうがない、やってみないと困難かどうかもわからないと仰っていました。これは当たり前のことなのですが一番響いた言葉でした。これまで何かにつけて難しいかなと考えてしまっていたように思うからです。
 これからは失敗することや困難なことばかり考えず仲間の仕事づくりに取り組んでいきたいです。そして、九州大会から帰ってきて早速ですが『お箸づくり』に取り組むことにしました。既に竹をゆうゆう団長から頂き乾燥させています。
・・・で、なぜ箸づくりなんだ?紙漉き関係ないじゃないか!と思われている方もいるかと思います。お答えしましょう!!!!まず、第一に紙漉き班だから紙漉きの仕事という考えを捨てようと思います。もちろん今後も紙漉き作業は継続していきますが、その枠を超えた形でそれぞれに合った仕事を作ってもいいのではないかと思ったからです。特にこの仕事はミホさんに取り組んでもらおうと思っています。ミホさんは加齢に伴い作業範囲が狭まってきています。プレス作業も腰を曲げて行うため本人の負担が大きくなっています。そういった現状を踏まえつつ、元々器用でナイフを使ったり大工仕事が好きなミホさんにやりがいを感じてもらい無理のない範囲での作業をということで考えました。実際にやってみないと分からないことは多いです。売れるのかどうか、ものになるのか、仕事として成立するのかなど不安な部分はもちろんありますが、先に述べたように不安材料ばかり並べるのではなくとにかくチャレンジしていきたいと思います。          
 きょうされん九州大会で学んだことを活かしながら、これからの実践や学習に繋げていきたいです。
スポンサーサイト



スポンサーサイト



じきょう

comment(0) | trackback(0)
 | Blog top |