fc2ブログ
01 << 2012/02 >> 03
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29.
基本合意を完全実現させる!2.13緊急フォーラム(動画)障害を持たない市民との平等性に道を開く! 
 厚労省の裏切りを許さず!
障害を持たない市民との平等性に道を開くことを求めて!
怒りの2.13緊急フォーラムには全国から650名を超える参加者が!

     DSCF0737_convert_20120212070113.jpg

基本合意を完全実現させる!2.13緊急フォーラム

○開会あいさつ=竹下弁護団長 (動画 6分)
     


○藤井さんの情勢報告動画①
     


○藤井さんの情勢報告動画②
     

 ☆障害者自立支援法違憲訴訟の基本合意を完全実現させる!☆
    2.13緊急フォーラム アピール


障害者自立支援法(以下「自立支援法」)は、多くの障害者、関係者の反対の声を押し切って、2005年政府が強行的にスタートさせたものでした。応益負担を原則とするこの法律は、これまでの障害施策の考え方を根底から変えるもので、憲法および障害者権利条約に明記されている、人間としての尊厳や地域生活の権利を否定するものでした。

 2008年~2009年、全国の障害者ら71名が原告となり、障害を障害者個人の責任とする自立支援法は、基本的人権を侵害し、憲法に違反するとして、法律を制定した国を被告とした違憲訴訟を全国各地で起こしました。
  
 2009年秋、総選挙で政権交代があり、政府・民主党から、訴訟団に対して和解の申し入れがありました。訴訟団は何度も何度も話し合い、「自立支援法を廃止し、新法をつくる」という基本合意文書を国と交わし、2010年この違憲訴訟は和解により終結しました。私たちはその後の「障がい者制度改革」「総合福祉法」実現に大きな期待を寄せたのです。

 そして、2012年2月8日、「障がい者制度改革推進本部(本部長・野田総理大臣)」の下の「推進会議 総合福祉部会」第19回会議に、厚労省が新しい法案を示し、翌9日、訴訟団に対して厚労省政務官から説明がありました。しかし、厚労省案は、自立支援法を廃止することなく、一部を「改正」するというもので、自立支援法そのものを延命させ、恒久化させるものです。これは、国と訴訟団とが公文書で交わした「基本合意」に明確に反するものです。また、総合福祉部会の55名の委員が一つになってまとめ上げた「骨格提言」を棚上げするもので、大きな怒りを禁じ得ません。
  
 公約も制度改革の閣議決定も「基本合意」も裁判所に対する約束さえも全て反故にしようとする、こんなことが国の名の下に許されるならば、国のありようまでもゆるぎかねない異常事態です。あってはならないことです。断じて納得することはできません。
  
 私たちは、国(厚生労働省)、国会に対して、以下のことを強く要求します。

           記

  1. 障害者自立支援法は、国が訴訟団と「基本合意」で交わしたように、
    2013年8月までに廃止すること。その際、「障害者自立支援法廃止条項」を
    明記すること。

  2. 新法は、総合福祉部会で出された骨格提言を反映させたものとすること。



○緊急集会の写真http://9012.teacup.com/miyakodori/bbs/1136

○三澤めざす会代表世話人閉会あいさつ (動画)
http://www.youtube.com/watch?v=bZdzkjUS6GI

「自治体は自立支援法廃止・総合福祉法制定に反対していない!!政府は責任をもって骨格提言の実現を!」
自治労連見解



障害者が安心の新法に
訴訟団がフォーラム
「骨格提言」を完全実現させよう
650人余参加
 (しんぶん赤旗)

スポンサーサイト



スポンサーサイト



テーマ:障害者の自立 - ジャンル:福祉・ボランティア

鬼瓦

comment(0) | trackback(0)
仲間たちの思いを!!Viva署名!! 
あけましておめでとうございます。
恥ずかしながら・・・新年一発目の記事になります。
“忙しい、忙しい”となにかれ理由をつけながらスタッフブログから逃げ腰に・・・
が、頑張ります・・・気を引き締めて(汗)



さて、現在きょうされんで取り組んでいる〝第35次国会請願署名・募金”行動。
たくさんの方々のご協力をいただいております!!!!
私たち障害関係者、それから障害当事者だけの力ではどんなに頑張っても限界があります。
私たちが大きな力となり国と戦っていくためには、皆さんの力を借りることが本当に重要なことです。


陶友も
☆署名  6000筆
☆募金   30万円 
    を目標に取り組んでいます。


今回の署名は、3月の通常国会に合わせ2月末に第1集約をし、国会議員の方々に2500筆ずつ送られることになっています。(そのため、いつもより早めに集めることが重要で皆焦りながら署名集めを進めています。)



☆下記は陶友の2月14日現在の達成数です。

署名は2137筆  
募金は10万9264円   集まっています。


ありがとうございます。
まだ目標の半分もいっていませんが、これからもがんばりますのでご協力どうぞよろしくお願いします。




昨年、障害者制度改革推進会議にて取り交わされた「骨格提言」。
基本合意・障害者権利条約という2つの指針をもとに、障害者が「人として〝当たり前の”権利を保障される」新法のもとになるものです。安心してはいけませんが、「骨格提言」は障害を持つ仲間たちの希望の光でした。

しかし今年に入り障害者をめぐる制度はどんどん悪い方向に進んでいます。
(所長の記事を読みながら、難しい言葉で私は理解するのにいっぱいいっぱいですが・・・)
印象に残ったことを・・・




●まず、せっかく作った骨格提言の項目です。厚労省が出した案では「あれ・・・?」
 大幅に「骨格提言」の内容がカットされているのです。何のために今まで会議を重ねてきたのか?
 何のために障害者も会議に参加してきたのか?


●そして、一番の問題である「応益負担」の問題も、区分判定もそのまま。
 「障害が重いほど、他人に迷惑をかけるのだからサービス料の1割を支払いなさい。」
 この仕組みにどれだけの障害者や家族が苦しめられたでしょうか。「生活できない」と将来の希望も失った人た ちがいます。「利用料が払えないから・・・」作業所へ通えなくなった仲間もいます。(そもそも働いているの に〝お金を払いなさい”とはおかしな話ではないでしょうか・・・?)
障害者自立支援法違憲訴訟でも「応益負担」は大きな焦点になったはずです。
 それなのに「応益負担制度は見送り・・・」


●谷間の障害者(難病者等)をいくつか対象に入れた。
 谷間の障害者が対象になったのはいいことだと思うが、それでごまかせると思っているのか?
 すべての障害がある人々は現段階で不安な状況の中で生きています。私たちは障害者全体の生活の底上げを目指 しています。「1部の方々を対象にしたからいいではないか」というのは通用しません。


●そもそも、国が〝公的な文書”約束事を破るというのは・・・国は絶対的なものではないのでしょうか・・・
 国が公的な約束を破るようになっては、私たちは何を信じればいいのですか?
 私たちの命を守る権利、生活を守る権利はいったい誰が守ってくれるのですか?


(勉強不足・・・もっと勉強しなくては・・・)


とにかく「骨格提言」が骨抜きの骨抜き!!!にされてしまったのです。
私たちの知らないところで。









私は、「これを何人の仲間が理解し、自分の身に危険が迫っているとわかるのだろう・・・」と思うのです。
私が読んでも難しい内容です。陶友に通っている、知的障害がある仲間たちのほとんどは、この内容が理解できないでしょう。

将来に対して不安を感じれる仲間、その事を口に出して言える仲間はまだよいのです。
不安なことさえもわからない仲間は・・・自分で自分の身を守ることができません。
職員やいろんな人の手助けがなければ生きていくことや自分のいるべきところを確保することができません。
しかしその手助け1つ1つに利用料が課せられたら、その手助けさえ受けられることができません。
そうなったら、生きていくことができません。
そんな現状を変えていかなければいけないんです。



そのためには仲間たちの分も私たちがしっかり勉強しなくては・・・そして仲間たちの未来を切り開くためにたくさんの味方を増やさなくては・・・と思います。
署名はその活動の1つであり、仲間たちの願いが目に見える形になったものです。
最後まで踏ん張って、広めていきたいと思います。


皆さん、ぜひご協力お願いいたします。

テーマ:障害者の人権・福祉施策 - ジャンル:福祉・ボランティア

たなか

comment(0) | trackback(0)
 | Blog top |