fc2ブログ
05 << 2011/06 >> 07
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
・・・殊のほか爽やかな汗! 
もう10年以上になる。
まだ陶芸教室が盛んだった頃、初老の夫婦がやってきていた。

 久しぶりに電話が入る。
「お父さんが『あの頃は楽しかった楽しかった』と言ってね。」
話を聞くと、陶芸をしたいが、大分体が弱り足が悪いので出かけられない、
家でやりたいから粘土を分けてもらって、作品が出来たら焼いてくれないかというのである。

 手ロクロは買うといっていたが、ロクロと粘土と作業板とビニール敷物を持って、昼休みにお宅に伺った。

お二人とも大変懐かしがって喜んでくれた。
「お父さん」は85歳になると言う。
地域で電気工事の仕事をしてきた、がっしりした方だ。思ったよりも元気そうにしていた。
「耳はもとから悪いが、目も悪くなって、足が痛くて歩くのがつまらん・・・、一日中家の中にいては・・・」と話す。

80歳の奥さんの方は、もともと社交的でおしゃべり好き。
「お父さんがこうでしょう、何かすればと話しとったとよ。そしたら、いつも陶芸教室の頃は楽しかった楽しかったって言わっしゃっとよ。無理なお願いをして・・・」

 部屋中にあの頃作った作品が飾ってあった。

しばらく近況やあの頃の教室の皆さんの消息について話す。実に楽しそうに懐かしそうに・・・。
「大脇さんも変らんね。若かばい。相変わらず忙しかとでしょ。よう、ガンバりんしゃる。」と、お土産を持たせてくれた。「生協のカボスジュースの美味しかけん、みんなで。お茶は上等やけん、家にもってかえって・・・」と。

 教室の頃から息子みたいに声をかけてくださったが、・・・変らない。
「お父さんも一人じゃ寂しかけん、遊びに来て、飲みに来てよ!」

「はい、是非お邪魔します。作品が出来たら電話してください・・・」

何本かの缶ジュースとお茶が入った袋は、往きのロクロと粘土の重さに比べれば・・・。
軽やかしっかりウォークで作業所に戻った。

・・・殊のほか爽やかな汗!
スポンサーサイト



スポンサーサイト



テーマ:福祉のお仕事 - ジャンル:福祉・ボランティア

鬼瓦

comment(0) | trackback(0)
 | Blog top |