fc2ブログ
07 << 2008/08 >> 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
嬉しかった出来事 
先週、帰省することを前の記事に書きました。

帰省中の話です・・・。



長い休みも横臥し、私が地元から博多に帰ろうとした日の夕方、鹿児島市の友人から電話がありました。

鹿児島市の友人:「電話では話せないから、お前の自宅近くに行くから会って話したいのだけど・・・」

私:「もう博多に帰ろうかとしてるんだけど・・・」 



帰省中にも、この友人は遊びに誘ったのだが、気持ち(精神的)が不安定なのか、逆ギレに近い態度や高飛車な態度でこっちまで嫌な気分にさせられていました・・・

しかし、この友人も大学は出たが、やりたい事が見つからない事、就職問題、鹿児島で心許せる親友が出来ない事、健康的な事、家庭の事、将来への不安など多くのコトを考えてるのは分かっていたので、精神的なモノがあるのでは・・・と考え、1つ1つの言動に対し対立しても・・・と向こうの状態を考慮して私は感情的にならないようにしてぃました。


互いに自分をさらけだしての真面目な話は今までなかったし、今回がさらけだしトークの良い機会じゃ!!!っと意気込んで・・・・・後日博多に帰る事に予定を切り替え、結局会うことに


会うと(しかも向こうは大遅刻)私が正月にその友人の誕生日を祝っていたので、私の誕生日(8月9日)のお祝いをお返しと言うことで・・・現金をくれました。「じゃあ俺はコレで・・」というので・・

私「お前、他にも話したいコトがあって来たんじゃないんか?コレだけじゃねーやろ!」と問いただし色んな悩みやグチを聞き、話し合いました。(星がキレイに見える野原で30の男2人で・・・



一時して雨が降ってきたので、場所をかえる事にしました。



ソコに前の記事にも書いた・・鬱の友人も呼ぼうととっさに考えました。高校からの親友達がここまで、もがいているのに互いの生き方についてハラわって話したことも無い現状!もう我慢ならん!!私も陶友で人間を学び、自分が・・・自分の生き方が変わってきた、そして語りたい自分がある!!今話さず、いつ話すんだ!!という思いで強引に車で迎えに行き、ファミレスで22時半から4時まで3人で共に語り尽くしました。


本当に本当に、たくさん話しました。互いに話しながら涙をこらえていました。


それぞれの環境・悩み、仕事・・・、、社会問題、自己責任論、夢(この3人での)、障害、家庭のこと、変わるという事(生き方や自分自身)、体の事(鬱などの病気・健康問題)、労働とは何ぞや!人間が働くという事はどういった事か、主体的に自分を生きるという事は・・などなど。


私たちは語り尽くしました・・・・・・。




その後の友人からのメールが下です。

友人:「電話に出なくてゴメン。ジョイフルで話した後、色々と考えてしまって落ち込んで体調も悪くなってしまった。」


私:「話した後、色々考えてるんやなかろうかと思いよったよ焦っても仕方ないから、ゆっくり徐々にで良いんやない考える事は必要で大事やけどよ、考えすぎはアカン


友人:「ありがとう。お前の話を聞いてから、今までの自分の人生を振り替えったら涙が出てきたよ。過去のことは何とも出来ないけど、これからはもっと自分に厳しくしないといけない。あと、変な言い方かもしれないけど、お前が人間的にすごい成長してて、嬉しかったしビックリした。(鹿児島市の友人)に言ってる事もスゴイ良い事言ってると思ったし、仕事での経験が生きてると思った。やっぱり人間は苦労しないと成長しないと思った。俺は鬱も確かにあるんだけど自分に甘いからね。ホントにお前の話しを聞けて良かったよ。仕事大変かもしれんけど確実にお前にプラスになってるから頑張ってね。俺も今日、自動車学校試験合格したから、あとは早く鬱を治して頑張るよ」


私:「おう。まあ、お互い自分らしく、人間らしく共に頑張ろう


友人:「そうやね。でもホントに良い話しが聞けて良かったよ。何かあったらまたメールするよ。」




私は、何がなのか良く言えないが・・・嬉しくてブログ書いてる今でも涙をこらえるのが苦しいんです。



いつもとは違った意味で意義ある帰省でした。


3人での長い語らいの途中の親の電話には、車に携帯を忘れていた為に気づかず・・・
4時半に実家に帰って・・・・・30歳になりながらも、母にひどく叱られた私・・・・


私:「母ちゃんよ、人生には今しかないって時があるんやって・・・

(栗毛野 卓)






スポンサーサイト



スポンサーサイト



くりげの

comment(7) | trackback(0)
 | Blog top |