fc2ブログ
07 << 2008/08 >> 09
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
お盆・・・久しぶりの帰省を決意!! 
あくしゅさん、ネコちゃんさん、この間は四万十からわざわざお超し頂きありがとうございました
楽しい時間を過ごさせて頂きました。新たな人と人の繋がり・・良いなぁ~~と改めて思いました。もっとゆっくり・・・ゆっくりと長く話して、勉強したかったです


そうそうネコちゃんさん、本当に恥ずかしながら、 あれから『例のヤツ』の持ち方をひそかに練習してました所、出来るようになってきました。トクイからもO・Kが出ました。

080810_2123~01



今度は四万十に仲間と共に・・となるのか・・? 遊びに行きたいと思います。あくしゅさん、ネコちゃんさん、その時は可愛がって下さいませ それまでには、少し成長した自分であるようこれからも頑張ります






 さて、今年のお盆は(6年ぶり?)に鹿児島(出水)に帰省する事にしました。理由は3つほど。

先月のいろり塾での話を聞いてると、両親はいつまで生きてるだろうか・・・子供には迷惑かけられん!!と、病気でも隠してそうやな~とか、人間は一人では生きていけない!今という時間は2度と帰ってこない時間なのだから、今を一生懸命に生きなさいという父の言葉を思い出したり・・・・などなど考え、正月にしか帰省してなかったから今年は盆にも帰ろうかなと思ったのが1つ。


2つ目は、高校時代の友人が東京から地元に引っ越し、帰ってくるという事がありました。この友人は鬱を患っていて、よくメールや電話がつながらない事が前からあります。
「変にハイテンションだったり、反応が鈍かったり・・とそういう時は調子が悪い時だから・・・」と事前に調子のいい時、その友人から連絡があったりしてました。東京に来たが、やりたい事が見つからない事、親友が出来ない事、将来への不安を話した事もありました。そんな彼が8年ぶりに帰ってきて、東京よりは環境的に落ち着く地元で鬱を治していこう、生きることに向き合い、やり直そうと決意したとの事でした。

ここはダチとして大いに互いをさらけ出して語り、遊び、飲み自分が生きることに向き合っていっしょに応援し合いたいと思ったからです。




鬱は、もはや社会的現代病と言えるほど多いと思います。そこには、社会的背景が大きな影響を及ぼし、暗い影を落としていると考えます。決して個人的な自己責任論のみで片付けられるモノではありません。まだまだ理解が少ないのが現状だと思います。障害者福祉ともつながるモノを感じます。

人が生きる上で、誰もが人間らしく生きていける環境を皆で社会的に創造することが大切だと思いました。




3つ目は、母方の祖父母(79歳と76歳共に農業現役)と父方の祖母(88歳)も汗水たらして体をいたわりながらも、日焼けして台風を気にしながら農作物を育て・・・・・後期高齢者医療制度や少ない年金にも、めげず負けず頑張りながら・・・孫の帰りを待っている・・・はずだ!! きっと!! いや、絶対 まあそんな事で今回は帰省だとなった訳です。


ノンエアコンの陶友でも汗をかき、帰省しても農業で汗をかき日焼けして・・・・・・ちょっとだけ楽しみかな
スポンサーサイト



スポンサーサイト



くりげの

comment(5) | trackback(0)
 | Blog top |