fc2ブログ
01 << 2008/02 >> 03
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29.
歓迎できるか!? ・・・見ものです。 
明日は、仲間の自治会「流れ星」が主催の、新しい仲間の歓迎会です!

新しい仲間は、自分が注目される、ということに慣れていないらしく
「いやぁ~、そんな、いいですよぉ~」と恥ずかしがっていました。

後半は、職員もだいぶん援助して準備しました。
さてさて、どうなりますことやら・・・


また、ご報告します。
                        (とくい)
スポンサーサイト



スポンサーサイト



とくい

comment(0) | trackback(0)
「1000円でも、2000円でも、働くのにお金を払わないかんことがおかしいです!」 
かなり遅くなってしましましたが、1月31日にあった福岡市との懇談会の報告をします。

この懇談会では、ひかりグループ(第一ひかり、第二ひかり、あかり、陶友、かしはら)の仲間、親、職員が現状を訴え、改善できるように、市に訴えます。総勢150名。福岡市側からは10名も参加していただきました。

 陶友からは、昨年に続き、カゴサンが「障害者自立支援法の応益負担」について発言しました。(文章はこちら

市の回答は、「日中活動では、働くという側面はあるけれども、スタッフの皆さんの援助を受けているので、一定の負担をしてほしい。」「作業所は、今の制度では障害福祉サービス事業所といって、‘就労訓練’をするところですので・・・」という回答。

「私たちは作業所に働きに来ているんだ。だからお金を払わなければいけないのはおかしい!」というのに対し「作業訓練というサービスを受けてるんだから、費用の負担はしていただく。」というように、食い違っていて、両者の主張は平行線・・・

懇談会が終わり、鹿児島さんに感想を聞きます。「働くのは、給料をもらうために働くんでしょ?」「市の人が、(国の軽減策で)だいぶん少なくなるって言ってたでしょ。でも、(払う)金額の問題やないとって。普通の人でも違うでしょ?いくらの問題やないって。」

 他にも、作業所の経営難、それから生じる職員の問題(人数、非常勤化)を訴えましたが、「どのように工夫するかは施設内の方針、配置の問題ですので・・・」という答え。「施設内でどうにか解決できる問題じゃない!」と皆で一生懸命言いましたが、なかなか良い答えはもらえず。
それどころか、

「そんなに大変なら、私たちが施設長さんに言ってあげましょうか?」なんて言われてしまいましたよ。

あきれてビックリしました!!


でも、やはり、諦めて口を閉ざしてしまうのではなく、言い続けていくしかない。
きっと、市の人も、個人的には、仲間たちの言葉が響いているはずだ・・・と思いながら。

                      (とくい)
とくい

comment(2) | trackback(0)
 | Blog top |