09 << 2017/10 >> 11
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

詩(うた) 
陶友に 絶えてブログの なかりせば
          私の心は のどけからまし

              団塊の世代の給食つくり人 まとば


(解説)
 「つくり物やきれいごとではない。陶友のリアリズムは、職員の率直な声ぬきには、成り立ち得ないし、伝わらない。陶友のこと、福祉のことを、本当に伝えようと思うなら職員が発言しなければ・・・」職員会議で、大脇が力説。「直接関わる職員は週2本、その他の職員は週1本、本音を自分の言葉で書くこと。それに批判があれば、それも良し。そこから又学べばいい。つくり物や人のコトバでは語らない。自分のコトバで、自分の想いを語る。これ職務!勤務評定するぞ。」に対し、団塊の調理人が応えて詠んだ歌。
スポンサーサイト
スポンサーサイト
団塊の調理人

comment(0) | trackback(0)
 | Blog top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。